ニキビ, 治療, 美容

ニキビは早めに治療を行う

ニキビはひとつあるだけで顔の印象が変わるほど存在感があります。治ったと思ったら、今度はまた別のところにできてうんざりします。たかがニキビと軽く考えずに、繰り返してできる場合は、早めに治療を行う方が良いです。ニキビの症状が軽いうちに、的確な方法で治療を行うことができると、跡形もなく姿を消してくれますが、全てがそうではありません。

化膿してジュクジュクしたひどい状態まで放置していると、たとえ治っても、ここにニキビがありましたと言わんばかりの跡が、シミのように残ってしまいます。それが繰り返されると、顔には数え切れないほどの跡が残り、化粧下地やコンシーラーで「隠すメイク」に力を注ぐことになります。市販薬を使った自分で行う治療もありますが、患部の症状や出現する頻度を考慮して、必要だと思う場合は皮膚科を受診しましょう。市販薬で比較的手軽に使えるのが塗り薬です。

夜寝る前だけでなく、朝でもメイク前に使える透明タイプもあります。飲み薬はビタミン剤が多く、ビタミンの摂取により予防と改善が期待できます。また、食事に気をつけることも自分でできる方法です。野菜や果物をたっぷりと食べ、ニキビに効果的なビタミン類をたくさん含むレバーもおすすめです。

便秘の解消もとても大切なので、食物繊維や乳酸菌の摂取を心掛けます。海藻類や根菜類、漬け物、ヨーグルトなどが良いです。また、使用中のスキンケア化粧品の見直しも重要です。続けても効果があまり出ない場合は、専門医による診察を受けましょう。

問診や内服薬、外用薬などの処方といった感じになることが多いです。使用される医薬品の幅は広く、その中から自分に合うものが処方されます。メイクはせずに素顔で来院しましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です