ニキビ跡, 治療, 美容

大人ニキビの原因と予防

大人になってからニキビで悩んでいる人も多いですね。でもニキビと言っても10代にできるものと大人になってからできるものは違うことをご存知ですか。思春期の頃にできるニキビは、成長期において性ホルモンが分泌されるのとともに皮脂の分泌が過剰になることが原因とされています。この過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まりアクネ菌が繁殖してしまうのです。

成長期が過ぎるとホルモンバランスが安定してくるため自然とできなくなっていきます。しかし、大人になってからできてしまうニキビは、様々な生活習慣や間違えた肌ケアが原因とされています。不規則な食生活、睡眠不足、飲酒や喫煙、ストレスなどによって、お肌の皮膚の生まれ変わるターンオーバーが乱れることが原因です。大人ニキビを予防するためには、まず生活習慣を改めて、規則的な食生活や十分な睡眠、飲酒喫煙の習慣を見直してみましょう。

また、肌ケアにも注意することも大切です。メイクによる毛穴の閉塞は悪化の原因となるので、自宅に帰ったらすぐにメイクを落とす習慣をつくりましょう。また正しい洗顔をすることで肌についている余分な皮脂と汚れを除去することができます。朝と夜の一日2回洗顔料をしっかり泡立てて、肌を優しくなでるように洗うのがポイントです。

また洗顔料が残ってしまうと発生のもとを作ってしまうので、きちんと洗顔料を流すようにしましょう。皮脂を落とそうと何度も洗ったりゴシゴシこするのはかえって悪化させてしまうので注意してください。生活習慣と肌ケアを見直すことで効果的に改善できますよ。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です