ニキビ跡, 皮膚科, 美容

肌の乾燥でニキビが起こる?

ニキビの原因は本当にたくさんあるものです。乾燥肌になってもニキビは生じるのですから、冬場も気をつけなければなりません。しかし、乾燥すると皮脂などは分泌しなくなる気もしますが、どうして肌が乾燥しても生じてしまうのでしょうか。そもそも、ニキビの直接的な原因は皮脂が過剰に分泌にあるわけではありません。

直接的な原因は皮脂ではなく、毛穴を角栓がつまってしまい結果的に皮脂もたまってしまうことにあるのです。こう見ればわかる通り、あくまでも皮脂の過剰分泌とはニキビを悪化させるだけの要因であり直接的なきっかけではないのです。また、保湿が保てなくなる季節においても、吹き出物などは出来やすくなると言われています。これは肌のバリア機能がしっかりと機能しなくなるためです。

また、乾燥肌というのはあくまでも水分が少ない状態というわけですから、別に皮脂の分泌が治まるというわけでもないのです。ですので、特段肌が乾燥しているからと言って皮脂が分泌しないというわけでもなく、ただ単に肌に水分が足りないという状態になっているのですね。逆に肌の水分が少なければ肌の保湿がしっかりとなされておらず逆に肌の免疫力を低下させてしまうことになりかねません。このように、乾燥肌だからといって皮脂が分泌しないというわけでもなく、ニキビが発生しなくなるというわけではないのです。

むしろ乾燥肌になってしまうと肌の保湿が失われ肌の免疫力もなくなるため肌が弱くなってしまう事も考えられます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です