ニキビ跡, 治療, 美容

クレーター状のニキビ跡の治療法

ニキビの炎症は治っても残ってしまったニキビ跡をどうにかしたい、けれどセルフケアの限界を感じている人は少なくないでしょう。特にオレンジの皮のように凸凹したクレーター状のニキビ跡は自分で治すのが難しいのはもちろん、専門家による治療でも完治は難しいとされてきました。ところが最近の医療技術の発達によって様々な治療法が開発され、クレーター肌の方にも一筋の光明が差し込んでいます。一般的なのが凸凹している肌に医療用の細い針で真皮まで届くような深い穴をあけ、その傷が癒える過程でコラーゲン繊維が生成されることを利用した方法です。

肌に傷をつけるので、傷跡が残りやすい人にはあまりお勧めできませんが、そうでないならその後に適切なケアをすることでクレーター肌が解消できるかもしれません。また成長因子といってある特定の細胞の増殖や分化を促す物質を肌の凹みの部分に注入することで、凹みを元に戻すという方法も採用されています。こちらはきれいな部分の肌に穴をあけることがないので、少ないリスクで済みます。これ以外にも様々な治療法がありますが、共通して言えるのが値段が高い、絶対に治るとは言えないということです。

いずれも健康保険が使えないので治療にはかなりの費用がかかります。また肌の再生力を高めるために一旦わざと肌を傷つける方法の場合、その後のケアを適切にしないと傷跡が残る可能性も否定できません。こういったリスクを加味して治療を行うべきです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です