ニキビ跡, 治療, 美容

ニキビ、その対策について

ニキビとは顔や体にできる皮膚の疾患で、皮膚の汚れや皮脂のつまり、ホルモンバランスの乱れ、偏った食事などが原因で起こります。思春期にはホルモンの関係で特にできやすいですが、大人になってからでもできることはあります。女性の場合は生理の時期にできやすかったりします。ニキビの対策は、部位によっても変わってきます。

首や背中にできるタイプは、シャンプーのすすぎ残しが原因の場合があるので、シャンプーの際にはしっかりと何度もすすぎ洗い流すことが大切です。顔にできるニキビは、栄養の偏りや皮脂のつまりなどいろいろと原因はあります。枕カバーが汚れている場合はそれによってニキビができる場合があるので、寝具は常に綺麗にします。食事は肉や油ものは控えめに、野菜を中心としたものが適しています。

適度な運動もよいですが、汗も原因となりますので、こまめにタオルなどで拭き取ることが大切です。洗顔も大切ですが、しすぎも皮脂をとりすぎて余計に肌に悪影響を及ぼすので、朝晩二回で充分です。洗顔フォームは泡立てネットでしっかりと泡立て、指で直接肌をこすらず、泡で包み込むようにして洗います。また、質のよい睡眠も肌の調子を整えることに密接に関わっています。

夜の10時から2時の間が肌の生まれ変わる時間帯なので、この間は睡眠をとることがベストです。そして最も大切なのはストレスをため込まないことです。ストレスは肌を始め人体に悪い影響を与えますので、適度にストレス発散をすることが、健康のためには一番なのです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です